インターンシップならハワイ

インターンシップのススメ

将来海外でお仕事がしたい。英語のスキルをもっと伸ばしたい。

日本では経験できないことをもっと肌で感じたい。

就職に向けて自分自身のプロフィールを豊かにしたい。

とにかく自分自身にチャレンジしてみたい。

などなど。

 

漠然とながらも、海外で働きたいとお考えの方は、
こういった類の何か近い気持ちを抱いているのではないでしょうか?
しかし日本でも就職が困難と言われる昨今。ましてや海外でお仕事なんて現実的じゃないのでは??
確かに様々な条件を満たしていない場合の完全に就労となると難しいものがあります。

そこで是非利用して頂きたいのが海外インターンシップ制度です。

インターンシップは、報酬を目的とした通常の就労とは違い、
どちらかと言うと「体験」「経験」を目的としたもので、
その人のステップアップといった意味合いが強い就業方法です。
こういった海外インターンシップ制度で人気なのがハワイ。
ハワイには日本人が多く住んでいることや歴史的な繋がり、
環境等の面からも大変オススメの場所となっています。
ハワイのインターンシップを通して一回りも二回りも大きく成長し、
生き生きと活躍されている方がたくさんいます。

 

 

インターンシップとは?

先にも触れたインターンシップ制度。更に詳しく掘り下げてみましょう。

インターンシップ制度はアメリカが発祥で、「就労経験」を目的とした雇用形態を指します。
もともとは大学卒業前に企業で一定期間働きながら社会人体験をしたり、将来的にその会社で働くための訓練期間。
この制度の派生形として海外インターンシップ制度は外国人に門戸を開いているといったら分かりやすいと思います。

現在募集のあるインターンシップには、『有給インターンシップ』『無給インターンシップ』とがあります。
前者は文字のごとくお給料が支払われますので、“就労”に近い意味合いを持つのに対し、
後者はあくまでも“体験”ですのでお給料が支払われません。

定められる条件も様々ではありますが、
主に有給インターンシップでは半年以上の就労が可能なのに対し、
無給インターンシップは大方
3カ月未満の短期型が多いのも特徴です。

有給に応募するか無給に応募するかは、将来の目的や目標によっても方向性が変わる部分です。
しっかり自分の先のビジョンを描き、ハッキリした意思を持つことが大切ですね。

何故ハワイ?

日本人が目指すインターンシップ先の国で多いのがアメリカ。
やはりインターンシップの本場ということだけあって受け入れ制度もしっかりと根付いています。
アメリカ本土でのインターンシップ募集は多くありますが、中でもオススメしたいのがハワイ。
日本人にとって馴染深いハワイは様々な点でインターンシップに最適な場所と言えます。

ハワイには歴史的に日本との繋がりが深く、日系人も多く住んでいます。
地域にもよりますが、アメリカでありながら随所に日本を感じることが出来ます。
そして何よりハワイは世界的一大リゾート地。観光産業が大変盛んで、
小さな島々ながらそれに関わる仕事がたくさんあります。
アメリカ本土と変わらぬ高い教育水準と医療水準、生活様式で、
日本人の私達にも違和感を感じるリスクが少なくて済むのも魅力の一つです。
南国という場所柄、大らかな人柄と誰に対しても人懐っこい地元の雰囲気は、
異国への不安を消し去ってくれるでしょう。
インターンシップを通して、学校では身に付かない生きた英語を更に身につけることもでき、
留学の更なるステップアップとしても選ばれています。

MENU
HOME
ハワイインターンシップ体験
ハワイの魅力
インターンシップについて
PICK UP!
ハワイの求人情報
学生向けインターンシップ
渡米に必須のエスタ申請